それから、あの頃は?

ふりカエル

それから、あの頃は?
その4

カタログをつくるようになると、とにかくモデル撮影までが大変で…。
まず撮影予定日までに誌面のデザインを考えて制作し、ご提案。このデザイン提案も、まずは新商品がどんなものなのか?ヒアリングしてサンプルを見せてもらい、商品イメージを誌面に表現していきます。モデル写真は、どういうシチュエーションで、どんなロケーションで、どんなイメージなのか?それも仮で合成したりしながらつくり、デザインカンプにして提案していきます。

また、その商品をカタログの何ページ目に、どれくらいのボリュームで掲載するのか、ページネーションを考え、擦り合わせていきます。それらが固まりつつあるぐらいのタイミングで撮影台本・香盤表を作成します。出演モデルやロケーションの段取りや手配は、フォトディレクターさんにやっていただけるのですが、その方とも何度も擦り合わせをしていきます。

モデル撮影当日(当時は3日〜6日間くらいでした)は、デザイナーとして立ち会います。デザイナーとして、とはいえ、打ち合わせやディレクションもやっていきますので、つねにバタバタとやっていく感じです。
撮影立会いをするようになった初めの頃は、ただディレクターさんについて行き、撮り漏れがないかチェックして、モデルさんの着合わせが合っているか、変なシワができていないか全カット見ていくのみのお手伝いさん状態でした。

何度か撮影を経験していくうちに、自分なりのこだわりのようなものが、デザイン段階から出てくるようになり「どうしてもロケーションはこんな感じにしたい!」「この商品のイメージは全カット統一したい」などと思い、年配のディレクターさんにぶつけてみると…
「そんなの必要ないし、今言われても困る」「そういうことよりこの撮影を上手く終わらせるために、やらないといけないことがあるんだからっ」と叱られたりするようになりました。
説得力のない提案やこだわりは、ディレクターさんや先方のメーカー様にとっては、大変な撮影を無事にやりきる妨げにしかなっていなかったのです。

なので、どうすれば良いのか反省し、考え直して、まず撮影ではしばらくサポートに徹しました。
以前のように「撮り漏れがないか」に加えて「次のカットを把握しておき、次なんだっけ?に素早く対応」や「ヘアメイクさん、カメラマンさんとディレクターさんの橋渡し」をやりまくる。
ロケ地に着いたら当日ロケハン(撮影現地の下見を当日にも行う)に付いていき、ディレクターさんにカット数を伝え、足りないカットの場所候補を提案してみたり。
撮影中の「変なシワできてないかチェック」に加えて「メーカー様の要望を聞いてディレクターさんにそっと伝える」ということをすると、撮影チーム全体で新商品のことを理解してくれているとメーカー様から褒めてもらえたり。

そんな感じの撮影を何度かやった後、ある年の撮影日に「この商品はエレガントでクラシックなイメージなので、昨日撮ったイメージと統一したいですっ」とディレクターさんにぶつけました。
その日のロケーションはクラシックなイメージとは程遠いビジネス街で、ディレクターさんも都会的なイメージで服の世界観を広げる撮影プランだったようで、何年か前の叱られた時のような変な空気になりました…が、

続けて、誌面デザインや撮影資料を改めて見てもらいページの構成を説明し直した結果、ディレクターさんは「ふむふむ、そーなの?へ〜、んじゃあ…」と、ビジネス街の隅のクラシカルな柱や扉を見つけて場所変更。「ね、こういうことだよね?」と撮ってくれました。
そこからは、ディレクターさんの方から「次のこれってどんなイメージなの?」と聞いてくれるようにもなり、やっとデザイナーとして撮影立会いができたと初めて思うことができました。

デザインには、いかにコミュニケーションが大切か。ひとりではなく、たくさんの方々とチームとなってつくっているのだと、何年もかかり学びました。

日下

シマダクリエイティブのご紹介

ブログ_0109
藤澤

さらに、あの頃は?

ふりカエル


さらに、あの頃は?

その3

シマダクリエイティブに入社し、しばらく経験を積むと色々なものを制作するようになってきました。市や県のイベントもののフライヤーやポスター、食品、雑貨のチラシやDM、パンフレット等々…陶器の展覧会DMだと焼き物の質感をイメージして制作したり、温泉宿のチラシだと様々な景色や四季をイメージしてみたり、食品関係は美味そうだなぁと意気込んでみたり、そんな具合でどれも自分なりに世界観を膨らませてつくるのが好きでした。

そんな時、今度はレディースユニフォームのカタログを担当でやってみようという話になり、「れでぃぃすゆにふぉおむ?」と頭が真っ白になりました。
まず、何ですかそれは?から始まり、女性用の仕事服を取り扱ったカタログだと理解したものの、見せてもらったカタログは、キレイなモデルさんが色々な服でファッション雑誌のように掲載されているもので、これを自分が一からつくるのか?ととても困惑してしまいました。女性のファッション、アパレルと言われてもまったくイメージができないからです。
どんなメーカー様なのか、メーカー様がどんな商品を扱っているか、それがどんなものなのか、いつも通り、考える前の情報収集をやっても、そもそも業界のことだけでなく、レディースファッションがわからない!

見かねた上司は、あるアドバイスをくれました。それはやはり、「知らないことは、知ろう」ということでした。
「本屋に行ってみろ。ファッション雑誌がいっぱいあるぞ。」「百貨店や色々なお店に行ってみろ、コスメや化粧品、雑貨などいくらでもパンフレットがあるぞ。」とにかく、どうすれば良いかもわからないので、お店をまわりました。普段行っているお店ですが、女の人をターゲットにしたフロアをウロウロしまして…ちょっと周りの視線が気になり急いで回収したのですが、服やバッグ、靴のパンフが沢山ゲットできました。
本屋にも行きました。いつもは音楽雑誌コーナー、雑貨・趣味コーナーぐらいしか回っていなかったのですが、初めて「女性ファッション雑誌コーナー」へ立ち入りました。1回目は一瞬立ち止まって、さらっと見て帰り、2回目3回目になると、ちょっとパラパラっと立ち読み、そこからは20代、40代、50代と雑誌ごとのターゲットの年齢層を把握し、片っ端からチェック!最終的に、毎月トレンドがかわるので月に4〜5冊購読するようになりました。

雑誌のモデル写真を参考に撮影ラフをつくったり、コーディネート特集を参考に企画ページをつくったり、誌面のデザインを見ながら、今の女の人が普段どういうものを目にしているのか研究したり、トレンドカラーを取り入れてつくったり。
モデルの名前と事務所を覚えて出演モデルの提案をしてみたり、イイと思うページはファイリングして資料にしたり、服や柄の名称を覚えたり…
これをずーっと繰り返し制作してきて、ある日ふと振り返ると「本屋の自分、ぜったい変態じゃん!」「やだ、なにあの人…とか思われてるじゃん!」と恥ずかしくなってきたのですが、無我夢中でやってきたもので、次に本屋に行っても自然とファッション雑誌コーナーへと足が向かい、当たり前のように表紙のキャッチコピーをチェックして、ペラペラめくって最近は付録も立派になったなぁとか言っていました。

恥ずかしさがあったり、周りの目が気になったり、変な人だとか思われるかもしれませんが、こうすることで良いものやお客様から喜ばれるものがつくれるのなら、なんと思われてもイイのです。いやいやそもそも変態ではないのです。

日下

そして、あの頃は?

ふりカエルふりかえる_2


その2

シマダクリエイティブに入社してすぐに、自分はとんでもない勘違いをしていたことに気付かされました。
「グラフィックデザインをやる」ということは、「自分の好きな絵がたくさん描けること」だと思っていたからです。
まず、Macが触れない、使えない……。基本操作を教えていただきながらポジフィルムをスキャンしてひたすらキリヌキ作業をする。(当時はカメラマンから画像データではなくフィルムが送られてくる時代でした。)これをしばらくの間続けました。
先輩上司が広告やカタログをつくっているのを見て驚きました。ちょっとしたイラストが載っている誌面を見せてもらいながら「このイラストだけで何十万円になるわけじゃない、演出の一部の部品であって、自分たちがつくっているのは広告誌面全体。それを考えてつくっている。」「誰かが誰かに伝える、メーカーさんが商売をする、その方法をつくっている」と、衝撃を受けました。なんてすばらしいことだと感動しました。

それから、チラシなどの広告制作にほんの少し携わり、刷り上がりをもらって、これは「自分の作品だ」と大事にファイリングしていました。先輩上司と話をしている中で、またもや自分の考えがズレていると思う話がありました。「自分たちは芸術家ではない、自己満足で自分の作品をつくっているんじゃないんだ。」「芸術家気どりで一生懸命芸術作品をつくっても、きっとそれは良いものではない。」


自分が良かれと思っていたことが、まったく見当違いだったことを、すごく反省をして
文字色「誰かと誰かを繋ぐものづくり」を心に刻みました。

「グラフィックデザインの根本的な考え」を学んでからは、自分の中で完結しないこと、独りよがりにならないこと、お客様のお話やご依頼内容をよく聞くこと、そして、わからないことはそのままにしないことなど、仕事に対する取り組み方も変わっていったように思います。

しばらく経ち、回り回ってパッケージのデザインも制作するようになりました。とにかく苦手で、あんなに逃げていたパッケージデザインです。
ブランドのネーミングを考えロゴをつくり、イラストメインのグラフィックにしました。何案もつくり先方の社長へ何度も提案し、ようやく完成したデザインはとても気に入っていただき、売り上げも絶好調だとの声を聞いた時は、「これがデザインだ」と自信になりました。
実際の売り場に陳列されているのを見て、自分が苦手だと思ってきたパッケージデザインで人に喜んでいただくという出来事が、入社時からの勘違いやズレた考えを塗りかえられたと実感し、これから自分が歩んでいく道なのだと感じました。
その頃から、パッケージだけではなく色々なグラフィックデザインの制作で、必ずプランの時点から「誰かと誰かを繋ぐものづくり」「メーカー様のこと」「エンドユーザー様のこと」を想い、創造するように心がけています。仕事がうまくいかない時は、このあたりまえの心がけを忘れてしまっているからだと考えるようになりました。
                                        
つづく

日下

あいさつはコミュニケーションの基本

こんにちは。デザイナーの藤澤です。

会社訪問などで人と接する最初のコミュニケーションは挨拶です。
社会人になると、挨拶によってその人の印象だけでなく会社の印象として評価されますので、
さらに重要になってきます。シマダクリエイティブでも新入社員はまず挨拶について学びます。

あいさつは日常のコミュニケーションの基本ですが、きちんとあいさつする事は意外とできていないものです。
そこで、良いあいさつのポイントをまとめてみました。
いいあいさつ
私自身もちゃんとできていると思っていましたが、仕事中に作業しながら相手と目を合わせず
挨拶してしまうことがありました。
相手から見るととても冷たい印象を受けると思います。上司に指摘していただくまで意識できていませんでした。
以降は気をつけてその人の方へ体と顔を向けて挨拶するように心がけています。
逆に良いあいさつは相手に良い印象を残すものです。私が若い頃、度々訪問している取引先で、
駆け出しのペーペーのデザイナーの私に、毎回きちんとこちらに向き直ってあいさつしてくださる営業の方がおられ、今だに記憶にに残っています。

「おはようございます」「お世話になります」など、一緒にお仕事をさせていただく相手に対し、良いあいさつでコミュニケーションを始めたいですね。

藤澤

プロフィール

シマダクリエイティブ

Author:シマダクリエイティブ
岡山県岡山市に拠点を置くデザイン制作会社です。
各業種のポスター、カタログ、パンフレット、折込チラシ、パッケージ等の販促ツールの企画・デザイン制作を行なっています。
→WEBサイトはこちら

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR