デザイナーの仕事〈撮影立会い〉



 皆さん、こんにちは。 クリエイティブ事業部の佐藤です。  
 先日私がデザイン担当させていただいている案件にて商品撮影があり、スタジオに行ってきました。予めダミー写真を使って制作しておいたデザインカンプを元に、カメラマンさんに写真を撮ってもらいます。光の当て具合や背景に映り込む小物の微妙な位置関係で雰囲気が大きく変わってくるので、どれが一番イメージに近くなるのかを撮影しながら考えていきます。同じ商品の写真でも撮り方ひとつでこれだけ印象が違ってくるのかと驚くとともに、より最適な写真になるよう瞬時に対応するカメラマンさんの技術を間近で見れて勉強になることが多かったです。
 撮影された写真はクライアントの意見をもとに修正が入っていくのですが、クライアントもデザインのことについてはわからないことが多いです。「この商品はこう見せたいんだけどどんな撮り方がいいか、誌面にはめ込んだ時にどんな印象になるか」など、意見を求められます。そこで私の考えを伝え、カメラマンさんとも相談しながら撮り方を決めていきます。クライアントにカメラマンさんとデザイナー双方の意見を聞いてもらい、納得・安心したうえで撮影に進むのです。こうしたコミュニケーションを繰り返して写真が撮られ、デザインが出来上がります。   

 普段パソコンの前に座って作業することが多いなか、お客様と直に話ができる時間は特にやりがいを感じます。相手の話を聞くだけでなく、自分の意見を評価していただき、それがデザインに反映されることが嬉しいです。私も一緒になって仕事を進めているんだと実感が持てます。
 デザイナーは技術的なことも必要ですが、一番大切なことはクライアントが望んでいることを汲み取りつつ、その想いを形にしていくことだと思います。いくら綺麗なデザインを考えても、それがクライアントの想いに沿うものでなければ意味がありません。「こんなデザインでお客さんにこれを伝えたい!」という想いからデザインを考えること、クライアントが喜んでくれて手がけたデザインが完成した時の充実感を味わえた時、この仕事をしていてよかったという気持ちになれます。

佐藤

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

シマダクリエイティブ

Author:シマダクリエイティブ
岡山県岡山市に拠点を置くデザイン制作会社です。
各業種のポスター、カタログ、パンフレット、折込チラシ、パッケージ等の販促ツールの企画・デザイン制作を行なっています。
→WEBサイトはこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR