あの頃は?

ふりカエル
あの日
その1

今、デザインやディレクションなどを日々がんばってやっていますが、大変な仕事だなぁと思うことや、それでもやっぱり好きだなぁと思うこともたくさんあり……そもそもデザイン業界に入ったきっかけは何だったっけ?と想ったので、大学時代に遡ろうかと思いました。

高校は、デザイン科にたまたま偶然、奇跡的に合格し、グラフィックデザインを勉強していましたが、入学当時評価をもらっていたデッサンや絵画については3年生の頃、先生から酷評されて落ち込みました。なまけて部活ばっかりやっていたから、自分のせいだと思いました。でも、とても悔しかったので進学を考える時、「芸術大学に行って絵画を勉強し直そう」と決めて芸術大学へ入りました。ちなみに大学合格も棚から牡丹餅的に奇跡的でした。
そして、望み通り絵画の勉強をする中で、卒業後の将来はどうするのか?という話になり……
「自分の絵を描きながら学校の美術の先生でもするのがいち番良さそー」と安易に思いましたが、「美術の先生は免許取っても何百人待ちだぞー。おまえらがんばれー。」とのことで、大学一年生の終わり、早々に諦めたのでした。


で、しばらく油彩画に没頭し、就活も少しはやりました。高校がデザイン科だったこともあり、デザイン会社というよりは印刷会社や広告代理店的なところを意味もよくわからず受けて落ち……。パッケージデザインの会社を知り合いから紹介していただき採用試験を受けに行きました。

同じ頃、突然グラフィックデザインの会社の人から直接電話がかかってきました。
なんだろう?と思っていると、「デザイン科だったんだって?私もですよ、ぜひウチを受けてみないか?」といった内容だったと思うが、穏やかな感じでひと通り話をして採用試験を受けたところ……なんとパッケージとグラフィック両方受かりまして。またまた奇跡や〜と舞い上がっていました。
採用試験には、どちらも油彩画の作品集と高校のデザイン作品集、なぜか落書き集も持って行き、商業デザインを知らない無知な自分は面接で、「絵が描きたい」「イラストや漫画には自信がある」などと言っていた記憶があります。
(思い返してもなんてヤツだ!と思います)すみません。


パッケージデザインには、実は苦い思い出があり、高校の時グラフィック系は好きで得意だったのですが、パッケージをつくってみたところ、散々な出来栄えで自分自身にガッカリした……ということもあり、立派な自社ビルのあるパッケージデザイン会社を断り、好きな絵が色々と描けそうな(とてもひどい勘違いで)グラフィックデザインのシマダクリエイティブに入社することになりました。


採用試験での発言然り、自分はとても呑気で何にも知らない変なヤツだと、今振り返ると思うところですが、こんなヤツでも、一応、デザインで飯を食っていけるのだと思いました。

                                                  つづく
日下

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

シマダクリエイティブ

Author:シマダクリエイティブ
岡山県岡山市に拠点を置くデザイン制作会社です。
各業種のポスター、カタログ、パンフレット、折込チラシ、パッケージ等の販促ツールの企画・デザイン制作を行なっています。
→WEBサイトはこちら

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR