デザイナー師弟対談 vol.1

シマダの先輩後輩デザイナーが仕事を通じてどう成長しているか語り合ってもらう
「デザイナー師弟対談」を連載して行きます。
インタビュアーは、入社11年目の上山が務めます。

170817_1.jpg
今回は藤丸師匠(写真左)と杉山弟子(写真右)ペアに話しを伺いました!


【二人の師弟関係はこうしてはじまった】
170817_2.jpg
上山:まずはじめにお二人の師弟関係はどのようにはじまったのでしょうか?

杉山:元々は違う課だったんですが、課の編成があり藤丸さんが上司として異動されてきました。
それまで仕事を一緒にしたことがなくどんな人なのかわからなかったんで緊張していたのですが、仕事でわからず手が止まってしまっている時など藤丸さんから声をかけてくださったり、悩み事にも親身に相談にのってくださるのですごくありがたいです。

藤丸:最初の杉山さんの印象は物静かな人だなぁって思ってて、どうコミュニケーションをとっていこうか考えながら一緒に仕事をしていきました。ひとつのカタログを制作していく中で徐々にコミュニケーションをとれるようになり、今では意外とよく喋る明るい印象になりましたね(笑)


【はじめての担当で仕事への意識がガラリと変わった】
170817_3.jpg
上山:現在、藤丸さんが担当の仕事内容を杉山さんに引き継いでいっていると聞きましたが?

藤丸:やはり1人で仕事をしていくわけではありませんから、担当の仕事は私から部下へと教えて覚えて行ってもらいます。今の仕事は私がはじめて担当になった仕事なんです。最初は担当の責任の重さとか、覚えることも多くて大変でした。仕事に対する意識がガラリと変わったのが印象に残ってます。異動して部下も一気に増えたので仕事をまわすことの大変さもありましたね。

杉山:私も今、担当の仕事を教えていただいている中で責任の重さというのをすごく感じています。仕事に対する向き合い方も藤丸さんから学ばせてもらいました。
まだ、先を読んで動いたり、仕事の進め方が下手なんですが・・・。

藤丸:杉山さんは、受け身じゃなく自分から自信を持って発信して行くようにすればそういうところもできるようになっていくんじゃないかな?

杉山:そうですね。そこは苦手なところなのでもっと意識してやっていきます!

上山:ありがとうございました。
仕事を覚えて行くことはもちろん大変ですが、教えて行くのもとても難しいですよね。
今回お二人の話を聞いて技術だけじゃなく、仕事に対する向き合い方や責任感も共有でき、一緒にレベルアップしていける非常に良い師弟関係が築けていると感じました。
私も部下に教えていく身として参考にさせてもらいます。

上山 祐一

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

シマダクリエイティブ

Author:シマダクリエイティブ
岡山県岡山市に拠点を置くデザイン制作会社です。
各業種のポスター、カタログ、パンフレット、折込チラシ、パッケージ等の販促ツールの企画・デザイン制作を行なっています。
→WEBサイトはこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR