かもめーずの紹介①

170821_1.jpg
きっかけ
シマダクリエイティブは、さらなる会社の発展を目指し、2017年春に「自主創造」「誠実共栄」の企業理念を制定しました。この企業理念のもと、会社案内・ホームページ・社内報を新しくつくることになりました。その過程で、わが社らしさを表すキャラクターをつくって、社員の団結と対外的アピールに役立てることになったのです。


170821_2.jpg

カモメをピックアップ
わが社の企業理念「自主創造」「誠実共栄」より、社員一人ひとりが自主的に羽ばたき、個々の力を発揮するとともに、渡り鳥のV字飛行のようにチームで協力して目標を達成して行くことが、カモメの生き様に近いと考え、カモメの集団「かもめーず」キャラクターとなりました。

カモメたちから学ぶこと
1.人の役に立つ
カモメの飛行は見事でス〜イスイと自由自在に飛んで行きます。一羽のカモメが沖合いで魚の群れを発見するとたくさんの仲間が集い、それを目印に漁師が船を走らせ漁をします。
2.みんなで力を合わる
カモメは主に冬鳥で遠い北国と日本を行き来しています。集団のV字飛行では先頭が風圧で疲れるので、順番に先頭を交わって助け合います。また、病気のカモメが出たら、付き添いカモメが一緒に群れから離れ、地上に降りて面倒を見ます。

形・タッチを決める!
カモメといってもどんな形にする?色は?タッチは?などラフを出し合いながら進めていきました!
170821_3.jpg


アイデアを整理!
アイデアの中で、もっとカモメっぽく見えた方いいのではないか、意味が伝わりやすくしようという意見が出たので整理しながらまとめていきました。
170821_4.jpg

担当/藤丸 友希

つづく

デザイナー師弟対談 vol.1

シマダの先輩後輩デザイナーが仕事を通じてどう成長しているか語り合ってもらう
「デザイナー師弟対談」を連載して行きます。
インタビュアーは、入社11年目の上山が務めます。

170817_1.jpg
今回は藤丸師匠(写真左)と杉山弟子(写真右)ペアに話しを伺いました!


【二人の師弟関係はこうしてはじまった】
170817_2.jpg
上山:まずはじめにお二人の師弟関係はどのようにはじまったのでしょうか?

杉山:元々は違う課だったんですが、課の編成があり藤丸さんが上司として異動されてきました。
それまで仕事を一緒にしたことがなくどんな人なのかわからなかったんで緊張していたのですが、仕事でわからず手が止まってしまっている時など藤丸さんから声をかけてくださったり、悩み事にも親身に相談にのってくださるのですごくありがたいです。

藤丸:最初の杉山さんの印象は物静かな人だなぁって思ってて、どうコミュニケーションをとっていこうか考えながら一緒に仕事をしていきました。ひとつのカタログを制作していく中で徐々にコミュニケーションをとれるようになり、今では意外とよく喋る明るい印象になりましたね(笑)


【はじめての担当で仕事への意識がガラリと変わった】
170817_3.jpg
上山:現在、藤丸さんが担当の仕事内容を杉山さんに引き継いでいっていると聞きましたが?

藤丸:やはり1人で仕事をしていくわけではありませんから、担当の仕事は私から部下へと教えて覚えて行ってもらいます。今の仕事は私がはじめて担当になった仕事なんです。最初は担当の責任の重さとか、覚えることも多くて大変でした。仕事に対する意識がガラリと変わったのが印象に残ってます。異動して部下も一気に増えたので仕事をまわすことの大変さもありましたね。

杉山:私も今、担当の仕事を教えていただいている中で責任の重さというのをすごく感じています。仕事に対する向き合い方も藤丸さんから学ばせてもらいました。
まだ、先を読んで動いたり、仕事の進め方が下手なんですが・・・。

藤丸:杉山さんは、受け身じゃなく自分から自信を持って発信して行くようにすればそういうところもできるようになっていくんじゃないかな?

杉山:そうですね。そこは苦手なところなのでもっと意識してやっていきます!

上山:ありがとうございました。
仕事を覚えて行くことはもちろん大変ですが、教えて行くのもとても難しいですよね。
今回お二人の話を聞いて技術だけじゃなく、仕事に対する向き合い方や責任感も共有でき、一緒にレベルアップしていける非常に良い師弟関係が築けていると感じました。
私も部下に教えていく身として参考にさせてもらいます。

上山 祐一

学生からよくある質問【卒業までにやっておいた方が良いこと】

20170807黒木

 みなさん、こんにちは。採用担当している黒木です。今回は、会社説明会などで良く質問される「卒業までにやっておいた方が良いこと」についてお話しします。
 私が学生の頃にやっておいたら良かったなと思うことは…

1.経験値を増やすこと。
 自分の好きなことで色々な所に出向いて経験として蓄積させることが重要だと思います。グラフィックデザイナーは個人の経験や知識で、表現していける幅が大きく変わると思いますし、お客様と話をする時にでも「自分は何が好きなのか」「他の人より経験・知識面でここの分野が優れている」と個人の特徴がはっきりしている方が指名で仕事がいただけます。私自身、学生の頃は東京に住んでいましたが、この「東京に住んでいた」ことが一つの個性になっています。

2.経験は実体験で。
 最近ではなんでもネットで情報が出てきます。私たちの仕事は自分で良いと思ったデザインをお客様に納得していただかなくてはなりません。その時にネットで得た表面だけの情報では、やっぱりお客様に共感してもらいにくいのです。
 以前、お客様とあった話しをしますと、ある案件で自分は夏のコミケに行ったことがあると話になりました。ビッグサイト手前の階段辺りから、人が多くて建物入ってから会場ホールに入るまでも地獄だったという話しをしましたところ、お客様からはそういった生の話しを聞けるのが良いと言われ、それからは仕事の中でも信頼関係ができたと感じています。なんでもない経験ですが、そういうことが役に立つものだなと思いました。

 新しいことに興味をもってチャレンジしていくことは社会に出ても大事なことなので、学生のうちから様々なことを経験してもらいたいなと思います。

黒木渉

シマダ通信開始!

170731.jpg


 今回から少しずつテーマを交えながらシマダ社内の人たちを紹介していきます。
7月のテーマは『趣味』!ということで社員5名をピックアップして趣味を教えていただきました。普段の職場での顔とは違う、以外な趣味を知ることができるかもしれませんね♪

170731_1.jpg

黒木:趣味は、料理です。自分は何でも「作る」というのが好きなんだろうなと思います。 結婚しておりますが、家では毎週土・日は自分が作る日になっています。平日は任せています。 「ピザ」とか生地から作りますが、出前やスーパーで買うより美味しいし低価格で大量に出来ますよ!パスタとか麺を粉から作ったり、カレーも調合からやったりしました。今年は、外で作って美味しい料理を目指そうと思っています(BBQ以外で)

170731_2.jpg

藤澤:ここ1〜2年の趣味は釣りです。一昨年メバリングをはじめたのをきっかけにルアーで魚を釣る楽しさにハマってます!今までは、釣りといったら餌をつける釣りしかやったことがなかったので、ワーム(疑似餌)で魚が釣れるなんて半信半疑でしたが、どうやら動くものに反応して食ってくるようで、餌で釣っていたときよりも釣れました。今年からはシーバスも始めました。

170731_3.jpg

安藤:私の趣味はホラー映画です。よく人にホラー映画のなにが面白いの?と聞かれますが、分かりません。ホラー映画を見ているとワクワクするしゾクゾクします。特に「ゾンビ(1978年制作 監督:ジョージAロメロ)」が大好きです。ゾンビが蔓延した世界で生存者たちが・・・以下略ホラー映画以外にも休日は洋画をよく見ます。一番好きな映画は「ショーシャンクの空に」です。

170731_4.jpg

宮井:私の趣味はカメラです。私の愛用カメラはOLIMPASの一眼レフカメラです。ほっこりした写真が好きで、休みの日にはよくカメラを持ってパシャパシャしてます。最近は、ずっとほしかった望遠レンズを買って、 旅行に行ったりしています。よく撮ってるものはカフェが多いですね♪

170731_5.jpg

管理部K:今は海外ドラマかな~。それも子供に隠れてコソコソ観てます。ダウントン・アビー華麗なる英国貴族の館やフラッシュ、CSIシリーズetc...まだまだ観たいものだらけ。なぜコソコソ観るかと言えば、「暇なん、ママ?」と必ず言われるから。暇ではありません。家でも外でも家族のためにまあまあ働いております。なので、子供の前では手芸など見栄えのいいものもしてます。


みなさん趣味を満喫していますね!私(杉山)は趣味を探し中なのでぜひ参考にさせていただきます。次回の記事もお楽しみに!

〈制作〉
イラスト:植田
文章まとめ:杉山

「仕事と育児」を両立できる、働くママにとってイイ環境。

 はじめまして、こんにちは!わたしは3人の子どものママをしているKです。今日は「シマダで働くママがどのように仕事をしているのか」をちょっぴりお伝えしようとおもいます。

 シマダクリエイティブには現在23名(男性10名/女性13名)が在籍しています。そして子育てをしながら働いているママはわたしを含め5名います。育児をしながらデザインの現場で働くのはむずかしいんじゃないか?そもそも出産後に復帰できるの?と感じるかもしれませんが、シマダでは可能なんです!理由は2つ。


【理由その1】 育児休暇のあとにも職場復帰できる環境

 入社当時わたしは独身でしたが、結婚・出産を機に育児休暇をとらせていただきました。出産をしたら仕事を辞めなければならないのかな…と思って悩んでいたのですが、会社から育児休暇について話しをしてくださいました。手続きなどわからないことも管理部の方が丁寧に教えてくださったりと、シマダは会社自体が育児休暇のあとに職場復帰できる環境だったんです。
 しかし、デザインの現場で育児休暇という長期休暇のあとにわたしにできることがあるんだろうか…と不安もありました。ですが、先輩ママが育児休暇のあとにもしっかりと成果をだしている姿をみてとても励みになりました。


【理由その2】 9:00〜16:30までの時短勤務

 「仕事と育児」、この両立はなかなか簡単ではないんです。シマダではパートの勤務時間を9:00〜16:30にしてくださっているので、保育園の送り迎えを早朝保育や延長保育(どちらも有料なんです)をつかわずにすることができます!
 時短の勤務で仕事ができるんだろうか…と不安はありましたが、パートでも担当の仕事をもつことができます。時短だからこそ仕事の優先順位を考え集中して仕事に向かうようになりました。結果それがスピードを上げることにもつながりました。もちろんこれは上司の方のスケジュール管理やご指導のおかげです!

 このように、シマダでは働くママにとって「仕事と育児」を両立できる環境がしっかりと整っているので、安心して働くことができるんです。1日の生活でオン・オフの切り替えがはっきりするうえ、生活にいいメリハリがうまれるのも「仕事と育児」を両立しているからこそですね。

20170724働くママ

働くママK
プロフィール

シマダクリエイティブ

Author:シマダクリエイティブ
岡山県岡山市に拠点を置くデザイン制作会社です。
各業種のポスター、カタログ、パンフレット、折込チラシ、パッケージ等の販促ツールの企画・デザイン制作を行なっています。
→WEBサイトはこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR